「ラシャーナ・リンチ」って誰?経歴は?過去作は?新たな007の女優

 

2020年上演予定の「007シリーズ」最新作『Bond 25』において、新たな007として初の女性を起用することが発表されました!

その女優とは「ラシャーナ・リンチ」

日本ではあまりなじみが無い女優なので、今回は彼女の経歴を含めて色々紹介していきます。

ラシャーナリンチとは?

年齢 1987年11月27日生まれ 31歳

出生地 イングランド 

Category ジャマイカ系イギリス人

 

初の女性ボンド役として話題の「ラシャーナ・リンチ」

イングランドのロンドンに生まれた彼女は、2011年に「Fast Girls」にて映画デビュー。

デビュー前はロンドンの演劇スクール(アート・エデュケーション・スクール)で演劇のBA(文学士)を取得しています。

彼女は演劇歴もそれほど長くないので、初の女性としてのボンド役とは大抜擢。

今までの007ファンの間ではこのキャスティングには賛否両論の声も上がっていますが、新しいボンドの誕生に期待の声も多いようです!

 

過去の出演作

そんな彼女の過去の出演作として一番有名なものは、大人気マーベルシリーズの「キャプテン・マーベル」ではないでしょうか。

当時、「マリア・ランボー」を演じるはずだったディワンダ・ワイズが映画を降板したため、急遽ラシャーナ・リンチが演じることになりました。

主人公であるキャロルの旧友として空軍のパイロット仲間を演じたことで、ラシャーナ・リンチの知名度はグンと上がったと言えますね!

 

映画での存在感が強く、映画を観た人は彼女のファンになった人も多いです。

強くたくましいお母さん役としてラシャーナ・リンチはピッタリな配役でしたね。

なので今回の『Bond 25』でも頼もしい役柄が期待できそうです!

 

 

ちなみに下記の記事で、『キャプテン・マーベル』を無料で安全に見る方法を紹介しています。

ぜひこちらもチェックしてください!

 

『Fast Girls』

こちら彼女のデビュー作となる2011年公開「Fast Girls」

陸上競技を通して、女性同士の友情や恋を描いた作品です。

デビュー作品ということでわき役ではありますが、劇中では主人公の友達として存在感を出しています。

 

Powder Room

2013年イギリスで公開されたコメディ映画「Powder Room」

ナイトクラブのパウダールームで行われた会話を中心に物語は進んでいき、海外ならではの過激な会話の内容をブラックユーモアを交えて展開されていきます。

ただ肝心のラシャーナ・リンチは結構なわき役なので、予告動画にも出てきていませんw

 

The 7.39

2014年にイギリスのBBC Oneで2部放送されたドラマ映画「7.39」

ロマンチックなドラマとして、本国イギリスでは視聴率20%以上を記録している作品です。

この作品でもラシャーナ・リンチはケリーライトというわき役を演じています。

 

キャプテンマーベル以外はイギリスのみの出演となっているので、日本での知名度はほぼ皆無といっていいでしょう。

なので今回の『Bond 25』での起用は、大抜擢と言って間違いありません!

 

Twitterの反応

 

 

まとめ

 

今回の記事は以上となります。

最後まで見ていただいてありがとうございました!

 

「007」シリーズ初の試みに驚きの声が多いようです。

まだまだこれからの女優さんが人気タイトルに大抜擢されたとあって、本当に大丈夫?と心配の声もちらほら。

また悲しいことに人種や肌の色も話題の的に。

ラシャーナ・リンチ。

良いも悪いも注目されることで、今回の『Bond 25』が彼女の出世作になることは間違ありません。

今後の彼女の成長ぶりをチェックしていきましょう!